ED(勃起不全)に効果的!男性ホルモンを増やす7つの方法とは?

男性ホルモンは筋肉を増やしたり、男らしい体つきにしたりする働きがあります。

やる気や性欲、精力増加に脂肪燃焼と良いことが沢山あります。この男性ホルモン増加に関わるのがテストステロンであり、テストステロンを増やすにはいくつかの方法があります。

 

男性ホルモンを増やす7つの方法

 

男性ホルモン(テストステロン)を増やすために必要な7つの方法を紹介します。
できそうなところから実践してみてください。

 

筋トレをする

筋トレをして筋肉を動かして、筋肉に刺激を与えることです。効果的にテストステロンを増やすなら、10回ほどできついと思うような負荷の高い運動を行うべきです。

 

たんぱく質を取る

テストステロンはたんぱく質と密接な関係があります。このために、たんぱく質を摂取するのが良く、たんぱく質の多い食べ物を摂るようにすると良いでしょう。

 

睡眠を十分にとる

睡眠時間が短いとテストステロンの分泌が低いという研究結果が出ています。出来るだけ睡眠を取るようにして、質の良い眠りを行うようにしましょう。

 

マスターベーションをしない

マスターベーションはテストステロンの分泌を妨害します。1週間マスターベーションを行わないと、テストステロンが45%もアップするという研究結果もあります。

 

女性と話す

自分が美しいとか可愛いと思う女性と話すのが良いです。話すことによって自分を男らしくしようという意識が高まり、それによりテストステロンの分泌が促されます。

 

酒を飲まない

お酒はテストステロンの生成を抑制する効果があります。飲めば飲むほどテストステロンが作られなくなり、さらには筋肉を分解する働きもあり、体から筋肉を奪います。

 

サプリを使う

手軽に増やすならテストステロンを補うサプリメントを使うことです。ただし効果のないサプリも多いので、選び方が重要です。

男性ホルモンを増やすサプリ

 

男性ホルモンがEDに効果的な理由
男性ホルモンは、男らしいカラダをつくる役割があります。(筋肉や骨格など)
気持ちも前向きになるので、自信もつきやすくなります。
NO(一酸化窒素)を増やす効果もあります。
NO(一酸化窒素)はペニスの血管を拡張してくれるので、ペニスへの血流が高まります。
そのため、ED(勃起不全)に効果があるんです。

まとめ

 

男性ホルモンが増えると、カラダだけでなく気持ちの部分でも男らしくなります。
具体的に言うと、前向きになりちょっとアグレッシブになります。
控えめなところがネックになっている人は、そういう面でも男性ホルモンを増やす価値はあると思います。

 

改善方法はいろいろとありますが、まずはできるところから1つずつやっていきましょう。

 

 

 

コメントを残す