ED治療薬が効かないことはあるのか?

effectiveness

 

「ED治療薬が効かない人」は存在するのか?

 

ED治療薬が効き具合は、人それぞれ違いますが、

「ED治療薬が効かない人」は存在します。

 

ED患者の1割〜2割程度の方は、

ED治療薬の効き目が弱いと言われています。

 

 

どのような人がED治療薬の効き目が弱いのか?

 

① ED治療薬の効果が弱い方は、

糖尿病患者などのように、一酸化窒素(NO)が不足している場合が多いです。

その証拠に、糖尿病の方の4割はED治療薬の効果が弱いというデータがあります。

 

② 交通事故などで、脊髄を損傷したりして、

神経の伝達系統に問題がある方は、ED治療薬がまったく効かないことがあります。

 

③ ED治療薬の使用する時間などを間違えると、ED治療薬の効果が弱くなってしまいます。

 

 

なぜ、ED治療薬の効果が弱くなるのか?

 

① ED治療薬の効果が弱い原因は、体内の一酸化窒素(NO)の量が

元々少ないためと考えられています。

 

元々の体内の一酸化窒素(NO)の量が少ないと、

ED治療薬で一酸化窒素(NO)を増やしても、それほど一酸化窒素(NO)が増えないのです。

 

② 例えED治療薬を使用しても、神経の伝達系統に問題があると、

性的な刺激を脳からペニスに伝えることができなければ突起をすることはできなくなってしまいます。

 

③ ED治療薬を服用してからの効果がでる時間は決まっています。そのため、あまり早く飲み過ぎると効果が弱くなってしまいます。

 

 

ED治療薬の効果が弱い人はどうすればいいのか?

 

① 体内の一酸化窒素(NO)の量が少ないために、ED治療薬の効果が弱い人は、「シアリス」などを定期的に服用して、体内の一酸化窒素の絶対量を徐々に増やしていく必要があります。

 

② 脊髄などの神経伝達系に問題がある方は、一度医師に相談してみてください。

 

③ ED治療薬の使用方法が間違っている方は、正しい使用方法を確認してください。

 

コメントを残す