ED治療薬「シアリス」について

シアリス

 

「シアリス」とは?

 

「シアリス」は、最も新しい「ED治療薬」として、

アメリカのイーライリリー社によって開発されました。

 

「シアリス」の効果は?

 

  • 使用から15分経過してから効果が出始める
  • 効果の持続時間は36時間程度

 

 

「シアリス」の容量は?

 

日本では、5mg、10mg、20mgが販売されています。

 

「シアリス」の10mgは、バイアグラの50mgに相当し、

20mgは、バイアグラの100mgに相当します。

 

 

「シアリス」の利点

 

「レビトラ」と同じように、

食事による影響を受けないことが利点として挙げられます。

 

その他、「シアリス」には、

「レビトラ」や「バイアグラ」にない利点があります。

 

それは・・・

薬の効果持続時間が長いことです。

 

「バイアグラ」と「レビトラ」の効果持続時間が4時間なのに対し、

「シアリス」は36時間も効果が持続するのです。

 

もちろん「バイアグラ」や「レビトラ」の様に、

服用後すぐに効果が出始めるという面もあります。

 

即効性もあり持続時間も長い、

まさに「鬼に金棒なED治療薬」です。

 

容量も3種類ありますので、

選択の幅が広いことも利点のひとつですね。

 

「シアリス」の副次効果とは?

 

「シアリス」は、EDだけではなく、

血管の健康を全般的に促進してくれる側面もあります。

 

1回の服用に対する効果の持続時間が長いため、

2〜3日に1回服用するだけで、血管の健康を促進できるのです。

 

 

「シアリス」の欠点

 

今のところ、「シアリス」の欠点は見当たりません。

 

今後、「シアリス」を超えるED治療薬が開発された時に、

「シアリス」の欠点が見つかるかもしれませんね。

 

 

「シアリス」の副作用は?

 

人によって副作用も様々ですが、

一般的な副作用は、頭痛・火照り・胃痛・めまい・鼻水・鼻づまり・腰背痛、筋肉痛・偏頭痛などです。

 

「バイアグラ」と同様、副作用が感じられるのは全体の1割程度で、

健康な人であれば特に違和感はないと思います。

 

一般的な薬と比較すると、副作用の症状が少ない方です。

 

 

「シアリス」を服用してはいけない人は?

 

以下のような方は、

「シアリス」の服用を避けた方がよいでしょう。

 

  • 低血圧・高血圧症の方
  • シアリスの成分に対して薬剤アレルギーのある方
  • 不整脈を患っている人。
  • 脳梗塞、心筋梗塞、心不全を患った経験のある方
  • 脳梗塞、肝臓、腎臓障害、心臓病、不安定狭心症、遺伝性網膜変性症の既往歴のある方

コメントを残す