「カテキン」とED治療薬を使用すると、抗がん作用が強まるって本当?

カテキン

緑茶に含まれる「カテキン」とED治療薬を使用すると、

「カテキン」の抗がん作用が強まります。

 

「カテキン」の1種である「EGCG」は、がん細胞表面のたんぱく質と結合して、

がん細胞を殺すことは知られていましたが・・・効果はあまりありませんでした。

 

しかし、最近になって「EGCG」の抗がん作用を阻害している物質が明らかになりました。

 

その物質こそ、PDE5です。

 

もし、PDE5の働きを抑制することができれば・・・

「カテキン」の抗がん作用が強まりまることになります。

 

そんな薬があるのか?

あるんです。

実は、PDE5の働きを抑制する薬こそ、ED治療薬なのです。

 

PDE5は突起を阻害する物質としても知られていて、

PDE5が体内にあるためにEDになってしまいます。

 

PDE5の役割をED治療薬で抑えることにより、

EDを改善できるのです。

 

要するに、「カテキン」の抗がん作用を強めるのと、EDを克服するのは、

PDEの役割を抑えるということで共通しています。

 

以上のことから・・・

緑茶に含まれる「カテキン」とED治療薬を使用すると

抗がん作用が強まる理由が分かったと思います。

 

ちなみに、このことを発見したのは、

九州大農学研究院の立花宏文主幹教授(食品機能化学)の研究チームです。

 

緑茶だけに、やはり日本人が発見したんですね。

コメントを残す