「新婚ED」とは?

新婚ED

 

「新婚ED」とは、文字通り・・・新婚のカップルに見られるEDです。

実は・・・「新婚ED」になってしまう方は、かなりたくさんいます。

 

 

結婚した途端にEDになるとは、なんとも歯がゆいことですが、

「新婚ED」は、どのようなことが原因となるのでしょうか?

 

 

「新婚ED」の原因

 

①セックスをすることが義務的になってしまうことによる「新婚ED」

 

結婚前は、お互いにセックスライフを楽しんでいたのに、

結婚後は、子づくりのためのセックスとなってしまうケースが多いです。

(セックスが義務的になってしまう)

そのため、セックスに魅力を感じなくなってしまい、EDとなります。

 

さらに、子どもができないことがプレッシャーになってしまい、

より「ED」になりやすくなってしまいます。

 

 

②晩婚化による「新婚ED」

 

若い頃は、性欲もあるためスムーズにセックスをすることができます。

 

しかし、結婚をする年齢が高くなると、どうしても性欲が減退してしまい、

セックスがうまく行かないことがあります。

 

そのことが引き金となり、EDとなってしまいます。

 

 

③男性と女性のセックス経験の差による「新婚ED」

 

女性の方がセックスの経験が豊富で、男性の方がセックスの経験が少ない場合、

どうしてもお互いのセックスに対する満足度が違ってきます。

 

セックスの経験が豊富な女性は、セックスに対して高い理想を持っているものです。

しかし、セックスの経験があまりない男性は、そんな女性を満足させることができません。

そして、男性は自分に自信を失い、EDとなってしまいます。

 

 

④結婚前にセックスの経験が少なかった場合の「新婚ED」

 

知り合ってからすぐに結婚した場合に多いのですが、

結婚前に相手とあまりセックスをしていない人は「新婚ED」になりやすいです。

 

結婚前にセックスを適度にしていないないと、

結婚してからのセックスで極度に緊張してしまい、失敗してしまうことがあるからです。

 

この失敗がきっかけとなって、EDになってしまいます。

 

 

「新婚ED」を治すためには?

 

「新婚ED」の原因は、メンタルの要素が大部分を占めています。

ですので・・・夫婦間で「ED」について真剣に話し合うことが一番重要です。

 

話し合いと同様に重要なのが、医師に相談することです。

自分たちで解決できない場合は、必ずED治療の専門家である医師に相談しましょう。

 

EDは必ず治る病気です。

よりよい夫婦生活を送るために、「ED」と真剣に向き合うことが大事です。

コメントを残す