セックスの回数と長生きすることは比例する?

セックス回数と長生き

セックスと長生きについての調査をした興味深いデータがあります。

 

1997年、イギリスで45歳から59歳までの918人の男性を対象に、

3つのグループに分けて「セックスと長生き」について10年間調査をしました。

3つのグループとは以下の通りです。

  1. 1ヶ月にまったく性的な興奮がないグループ
  2. 1週間に2回以上興奮のあるグループ
  3. 1と2の間のグループ

 

その結果、セックスの回数(性的興奮の頻度)が多い人の方が長生きをすることが分かりました。

この場合は、2のグループが長生きをしたことになります。

 

どのくらい長生きをするのかと言いますと・・・

性的興奮のほとんどないグループ(1のグループ)に比べて、約2倍ぐらい長生きをします。

これは、すごいことですよね。

 

なぜ、セックスの回数(性的興奮の頻度)が多い人の方が長生きをするのでしょうか?

 

まず、高齢でもセックスをできると言うことは、

突起ができると言うことでもありますので・・・

当然、生活習慣病(糖尿病や心筋梗塞)である可能性も少ないのです。

参考:生活習慣病とEDの関係

だから、長生きできるということも言えます。

 

しかし、それだけではなく・・・

恋をしたり、セックスをしたいと思う人は、

やはり若く見えるものです。

 

それが、活力となり病気になる可能性が減り、

長生きをすることができると思うのです。

病は気からとも言いますしね。

 

ちなみに、男性はセックスの回数が・・・

女性はセックスの質が・・・

長生きに関係しているそうです。

コメントを残す