「心因性ED」の大半は仕事によるストレスが原因。

仕事とED

 

「心因性ED」の一番の原因は?

 

「心因性ED」は、どのようなことが原因となるのでしょうか?

実は、一番多い「心因性ED」の原因は「仕事によるストレス」です。

 

仕事にストレスを感じない男性もいると思いますが、

一般的に仕事と男性は、切っても切れない関係です。

 

男性は、仕事をすることで家族を養っていかなければならないという

プレッシャー(ストレス)を常に感じています。

 

また、男性は仕事の悩みを自分で抱え込んでしまう傾向にあり・・・

そのことが、いっそうストレスを感じてしまいます。

 

特に、中年の方は中間管理職という立場もあり、

上司と部下の板挟みに合い、心身ともに疲れ果てているのが一般的だと思います。

 

以上のことから、

「仕事によるストレス」が、人間のストレスの大半であり、

一番多い「心因性ED」の原因であることが、うなずけると思います。

 

 

なぜストレスがあるとEDになるのか?

 

ストレスがあると、交感神経が活発になり続けるため、

血管が収縮してEDとなってしまう可能性が高くなります。

参考:EDとストレスの関係

 

 

「仕事のストレス」を発散する方法は?

 

仕事でストレスがない人はいないと思いますが、

仕事でのストレスをうまくプライベートで発散できる人はいます。

 

ストレスを発散できる人は、プライベートでの趣味を持っていることが多いです。

家に仕事を持ち込まないで、仕事とプライベートの線引きがきちんとできているのです。

 

ですので・・・

「仕事は、自分がいなくても誰かがやってくれるだろう」という気楽な気持ちを持ち、プライベートでは仕事のことを引きずらないようするにしましょう。

 

このことが、仕事でのストレスを溜めないことやEDの防止にも繋がります。

プライベートでは趣味や家庭のことに充実させることが大事なのです。

コメントを残す