長時間、自転車に乗るとEDになるって本当?

サイクリング

 

自転車に長時間乗ると、EDになりやすいのか?

 

近年のサイクリングブームや、体の健康のために、

サイクリングをする方が多くなってきました。

 

通勤に自転車を使っているなんて方もいます。

 

もちろん、サイクリングはからだの健康のためには良いのですが、

あまり自転車に乗りすぎると、EDになりやすくなってしまいます。

 

というのも、自転車に乗ると・・・

自転車のサドルから陰部や股下が圧迫されてしまいます。

 

陰部や股下には、突起に必要な神経や血管が通っていますので、

長時間のサイクリングをすると、それらを痛めてしまいます。

 

また、長時間に渡り、陰部や股下を圧迫することにより、

ペニス周辺の血流が悪くなってしまいます。

 

以上のことから、自転車に長時間乗ると、

EDになる可能性が高くなってしまいます。

 

実際に、サイクリング選手はEDである人が多いというデータもあります。

 

 

どのぐらい自転車に乗るとEDに悪影響を与えるのか?

 

一日2時間以上、自転車に乗ることは避けた方がいいですね。

また、アメリカでの調査によると、一日5.4時間自転車に乗る自転車警察隊の方は、

まったく自転車を乗らない方と比べて、夜間突起時間(朝立ち時間)が半分になってしまうそうです。

 

 

EDのために、自転車に乗らない方がいいのか?

 

実は、そんなことはなく、

適度にサイクリングをすることは、からだの血流をよくするため、

むしろEDに効果的なのです。

 

運動としてのサイクリングは良いのですが、

サドルにより陰部や股下が長時間圧迫されるのが良くないのです。

 

実は、このことをに解決する方法があります。

それは・・・各自転車メーカーから発売されている、

陰部や股下に悪影響を与えないサドルに代えればいいのです。

 

EDに悪影響を与えないサドルに変更さえすれば・・・

サイクリングはEDにとって効果的な運動方法と言えます。

といっても、やはりサイクリングのやり過ぎはあまりオススメできません。

コメントを残す