これが原因だったんだ!コンドームEDの2つの改善方法とは?

コンドームEDという言葉を聞いたことがありませんか?

女性とベッドインして、コンドームを装着するとペニスが萎えてしまう、このような症状を抱えている男性って、意外に多いですよね。

このコンドームEDの原因には大きく分けて2つあります。
これは代表的な2つなので、もし思い当たることがあったら参考にしてみてください。

 

コンドームEDの2つの原因・改善方法

コンドームEDの代表的な原因を2つ挙げてみました!
もちろん、改善方法も!

ペニスの感度が鈍る

まずゴムをつけることでペニスの感度が鈍ってしまうからがあります。

前者のコンドームEDの対処策としては、薄いコンドームを使用することが挙げられますね。たとえばサガミオリジナルとかオカモトを見てみると、0.02mmという超薄型のコンドームを販売しています。これは日本のコンドーム業界でも最薄で、使用感があまりないと思いますよ。通販サイトでまとめ買いをすれば、コスパもなかなかのものです。

 

失敗の経験

そしてもう一つはコンドームをつけたときにうまく勃起しなかった経験があって、「また同じようなことが起きるのではないか?」と思って萎えてしまうパターンもありますね。

プレッシャーに感じてしまってうまくコンドームを装着できないパターンも多く見られますね。コンドームを装着できずにあたふたしている間に、勃起していたペニスが萎えてしまうというパターンはしばしば耳にします。

コンドームを手早く装着するためには、まず袋からスムーズに取り出すことです。そして息を吹きかけてゴムを裏返しにするのがポイントですよ。最後に精液だまりになっている先端を指でつまんでペニスにかぶせれば、手早く装着できるはずです。

自分でできないのであれば、彼女にお願いしてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す