セックスをすると脳内に分泌される「βエンドルフィン」とは?

βエンドロフィン

 

「βエンドルフィン」とは?

 

「βエンドルフィン」は、セックスをすると脳内に分泌される物質です。

この「βエンドルフィン」とは一体どうような物質なのでしょうか?

 

一般的には、「βエンドルフィン」は、脳内に作用する神経伝達物質で、

脳に満足感や快感を与えるものとして知られています。

 

人間は日々、仕事や家庭などでストレスにされされています。

ストレスを感じると、突起をすることに悪影響を与えます。

 

「βエンドルフィン」が分泌されると、満足感や快感を得るため、

ストレスが緩和されて、突起をしやすくなります。

参考:EDとストレスの関係

 

ちなみに、セックス後に「気だるい感じ」になるのは、

脳内に「βエンドルフィン」が出ているからなのです。

 

 

「βエンドルフィン」と免疫の関係

 

ストレスを感じると、体内に「ストレスホルモン」が生成されます。

「ストレスホルモン」は、体の免疫を抑制してしまいます。

そのため、病気になりやすくなってしまいます。

 

体の免疫力が高めるためには「βエンドルフィン」を分泌させるのがいいです。

なぜならば、「βエンドルフィン」はストレスホルモンを消す作用があるからです。

 

要するに、セックスをすることにより免疫力も高まるのです。

 

 

「βエンドルフィン」と老化防止の関係

 

「βエンドルフィン」は、臓器に対してもいい影響を与えます。

具体的には、「脳・肝臓・腎臓・すい臓・睾丸・卵巣」などです。

 

「βエンドルフィン」が分泌されると、上記のような臓器が元気になるため、

ホルモンの分泌やホルモンの働きが活性化します。

 

そのため、からだ全体の調子も良くなり、

ひいては老化防止につながるのです。

 

 

「βエンドルフィン」を分泌させる方法

 

「βエンドルフィン」を分泌させるのには、

好きなもの見たり聞いたりするのがいいです。

 

自分の好きな音楽を聞いたり・好きな映画を見たり・

好きな人に会ったり・美味しいものを食べたりと・・・

自分が本当に好きなことをすることです。

 

そうすると体の調子もよくなり、人生がうまくいく。

 

そのため、「βエンドルフィン」は、

別名:ハピネスホルモン(幸せなホルモン)と呼ばれています。

 

しかし、「βエンドルフィン」は、ある程度欲求が満たされてしまうと、

分泌しなくなってしまいます。

 

ですが、「βエンドルフィン」が際限なく出続けさせる方法があります。

それは、人生に目標を持ち、その実現のために積極的かつ前向きに行動することです。

 

言葉で言うのは簡単ですが、これはなかなか難しいことですよね。

 

それと、正しい食生活をすることでも、

「βエンドルフィン」を分泌させることができます。

 

具体的には、「大豆、牛乳 、チーズ 、卵 、魚介類」などの、

タンパク質を適度に含む食生活をするといいですね。

コメントを残す