「朝立ち」から分かるEDとは?

朝立ち

 

「朝立ち」とは ?

 

朝立ちとは・・・

朝起きた時に、ペニスが突起していることを言います。

 

朝起きると「朝立ち」をすることはみなさんご存知ですよね。

「朝立ち」の正式名称は「夜間突起現象」と言います。

 

朝立ちなのに「夜間」?

不思議に思われた方もいるのではないでしょうか。

 

実は、朝立ちは夜の間にも起こっているのです。

というよりは、夜の間に頻繁に起こっているのです。

 

睡眠には、浅い眠りの「レム睡眠」と

深い眠りの「ノンレム睡眠」があります。

 

寝ている間、この「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を

一定の周期で繰り返しています。

 

実は、この睡眠の周期と共に、

ペニスも「突起したり、ゆるんだり」を繰り返しています。

 

では、ペニスが突起するのは睡眠中のいつか?

それは「レム睡眠」の時です。

 

朝、目覚める直前は眠りが浅い「レム睡眠」ですので、

ペニスが突起(朝立ち)していることが多いのはこのためです。

 

目覚まし時計などで、強制的に目が覚めた場合は、

レム睡眠からの目覚めでないこともあるため、

突起していないこともあります。

 

夜間に何回突起をするのか?

 

「レム睡眠」は1晩で4〜5回あります。

ですので・・・

必然的に、突起も4〜5回程度するということになります。

 

 

寝ている間の突起持続時間は?

 

レム睡眠時の突起の持続時間は、大人で5〜15分程度です。

知らない間に、意外と長い時間、突起をしているんです。

 

 

夜間突起現象は何歳まで続く?

 

夜間突起現象は、胎児から死ぬまで続くと言われています。

 

 

「朝立ち」から分かるEDとは?

 

朝立ちはするけど、セックスをする時に突起をしない場合は、

心因性ED(メンタルからのED)である可能性があります。

 

朝立ちを全くしない場合は、

器質性ED(体からのED)である可能性が高いです。

コメントを残す