EDと年齢の関係

年齢

 

EDは「年齢」に関係なく発症する病気です。

30代でも、40代でも・・・70代でもEDで悩んでいる方はいます。

 

男性であれば、どんな人であれ、いずれはEDとなるのです。

 

しかし、年齢によってEDになる原因は違います。

↓ ↓ ↓

 

20代・・・心因性EDが多い(緊張などのメンタル面によるED)

30代〜50代・・・中折れをする

60代以上・・・中折れ以前に突起ができない

 

EDになる可能性が高い順に年齢別に並べると、

60代、50代、40代、70代、30代、20代となります。

 

このことから、高齢の方の方がEDを発症する可能性が高く、

若い方は心因性ED、高齢の方は器質性EDになる可能性が高いことが分かります。

 

高齢の方がEDになる可能性が高い原因は・・・

加齢とともに、男性ホルモンの分泌量が減ったり、

生活習慣病にかかる可能性が高まるからです。

 

しかし、若年・高齢に問わず、それぞれのEDの原因がはっきりとしていれば、

あとはその原因を潰し込んでいくだけです。

 

治療方法こそ違えど、EDの治療は何歳になってもできます。

 

EDは不治の病ではなく、風邪と同じような、ごく一般的な病気だからです。

コメントを残す