EDなのか?50代の勃起力低下を改善する2つの原因と方法!

50代になると加齢と共に勃起力の低下は顕著に引き起こります。
それはそうですよね・・・それなりの年ですから。

 

でも、悲観的になる必要もありません。
昔は、人生50年なんていいましたが、現代社会ではまだまだ若いです。
セックスをバンバンしている人もたくさんいますしね。

 

でもその違いってなんなんでしょうか?
原因となるのが身体機能低下と男性ホルモン分泌量低下の2つです。

 

 

50代の勃起力低下の2つの原因

 

身体機能低下

下半身の筋力低下とペニスへの血流の悪化が引き起こり、男性ホルモンの低下は性欲や精力に関わります。

どうしても年齢を重ねるとこのようなことは起こり、自然と勃起力低下は起こります。しかし適切に改善を行えば勃起力は戻ります。

50代でも勃起力を回復させるには、上記のような原因を解消する必要があり、下半身の筋力トレーニング、血流改善、男性ホルモン分泌量の増加ということを行えば効果的です。筋力アップには運動やトレーニングをするしかありません。日頃から体を動かすようにしましょう。

 

 

男性ホルモンの低下

 

 

血流改善と男性ホルモン増加は運動をしても改善できないので、改善効果のある成分を摂取するのが良いでしょう。

食べ物などで摂取しても良いですが、サプリメントを使うのが手軽です。

血流悪化改善の成分としては、シトルリンとアルギニンがあり、血管拡張効果がありますので、自然と血流も多くなります。男性ホルモン増加には、マカやトンカットアリが有効であり、これらの成分は自然のバイアグラと言われるほどです。

サプリメントで改善するなら、このような成分の入っているサプリメントを選んで使うと良いです。ただし成分量は出来るだけ多いものが良く、例え成分が含まれていても、含有量が少ないと効果が無いことが多いです。

 

おすすめのサプリはこちら

 

 

まとめ

50代でも精力がある人がいますし、ない人もいます。
大きな違いがあると思いますが、意外に小さな違いだったりします。
前者がカラダに気を使っていて、後者が体に大して気を使っていないパターンです。

ちょっとしたトレーニングやサプリを取り入れることでかなり変わっていきますので、
カラダを気にしてみることが解決の近道だったりします。

コメントを残す