ED(勃起不全)にも効果的!ペニスが硬くならないなら生活習慣の見直しを!

ペニスが硬くならない、なかなか勃起しないといった悩みを30代とか40代のまだまだ働き盛りの男性で訴えることが多いですね。

なぜまだ若いのに勃起がうまくできないかというと、生活習慣の乱れから来ていることが多いような気がしますよ。

もし生活習慣が乱れているという自覚があれば、できる範囲で見直してみることが大事だと思いますね。

 

 

ペニスを硬くするための生活習慣の改善

 

食生活

まずは食生活に注意を払ってみることです。肉料理や揚げ物料理ばかり食べていて、野菜をほとんど口にしないという人はいませんか?

メタボになると体内の活性酸素が増えるので、血管が傷つけられます。

そうすると、、、ペニスに血流が集まりにくくなり硬さが不足します。

そのような人は栄養バランスのとれた食事にチェンジしてみるだけでも、大分状況が変わるかもしれませんよ。

 

 

睡眠

その他にも無駄に夜更かしをしないで、睡眠時間を十分とることも大事です。

睡眠をしている間に男性ホルモンが分泌されるので、睡眠が不足していると男性ホルモンが不十分になります。

男性ホルモン

男性ホルモンはペニスの欠陥を拡張するNO(一酸化窒素)の分泌をサポートする働きがあります。

NOはペニスの欠陥を拡張して血流を促進するので、ペニスの硬さが増します。

 

 

禁煙

タバコを吸っている人は、禁煙するのがオススメですね。

タバコは健康に百害あって一利なしといいますが、男性機能の低下にも関係していますよ。タバコを吸うと私たちの血管は収縮してしまいます。

勃起はペニス周辺の血管に血液を集めないと起こりません。血管を収縮させてしまえば、血液の流れが悪くなってしまいますね。

 

アルコール

またアルコールは適量であれば、リラックス効果を生み出して勃起しやすい環境を作るみたいですよ。

ただ飲み過ぎは、逆にペニスが硬くならない原因になりかねませんね。

禁煙をすること、節酒・禁酒することも勃起力を回復するためには効果的だと思いますよ。自分でできる所からで構わないので、対策を始めてみましょう。

 

 

運動


ジョギングなどの軽い運動をするだけでも、カラダの血流が改善されるので大分効果がありますが、

筋トレなどの無酸素運動をするとより効果的です。

無酸素運動は、体内の男性ホルモンの量を増やす効果があるから。

 


 

まとめ

ペニスを硬くするのには、血流を促進することが重要です。
その血流をよくするために生活習慣を改善することを理解して、あなたに何が足りないか知ることが大切です。
1つ1つ乱れた生活を改善していきましょう。

 

 

 

コメントを残す