イメージ通り「ニンニク」は、EDに効果的ですね。

Garlic

 

「ニンニク」って精力がつく食材なのはご存知ですよね。

わたしも、パワーがつく食材という「イメージ」が昔からあります。

 

あのドラキュラも「ニンニク」にはかないませんからね。

それは「臭」ですけど(笑)・・・。

 

前置きはそれぐらいにして。

実は、「ニンニク」は日本だけではなく、海外でも精力増強の食材として有名です。

古代エジプトでは、ピラミッドをつくる人たちの重要なスタミナ食材でした。

 

では、なぜ「ニンニク」が、スタミナをつける食材として有名なのでしょうか。

実は、「ニンニク」に含まれている「アシリン」という食材に秘密があります。

 

「アシリン」は、ビタミンB1の吸収を高める働きがあります。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに代える役割がありますので、精力増強に役立つのです。

 

精力が増強するということはスタミナがつきますよね。

ひいては「ED」改善にも役立ちのです。

 

その他、「アシリン」には、血流をよくする効果もあります。

なぜ、「アシリン」が血流をよくするのかと言いますと、

「アシリン」は血管中の血栓を溶かす作用があるからです。

 

血栓とは、血管中に滞在する「かさぶた」みたいなものです。

この「血栓」が血液の流れを邪魔して血流を悪くするのです。

 

勃起をするのには「血流がよいことが絶対条件です」ので、

このことも「EDに効果的」です。

 

また、ホルモンのバランスを整えたり・ストレス緩和にも役立つ優れものです。

参考①:EDと男性ホルモンの関係

参考②:EDとストレスの関係

 

「ニンニク」を日常的に食べていれば「EDを改善する」日も近いのではないでしょうか。

 

コメントを残す