適度な飲酒はEDに効果がある?

お酒とED

 

お酒とEDの関係

 

よく、お酒を飲み過ぎると「突起しなくなる」と言いますが、

適度な量のお酒はむしろEDに効果があるのです。

 

というのも、まずお酒を飲むと気分的にリラックスできます。

リラックスすると、血管が拡張するため、EDに効果的なのです。

 

もう一つ、お酒にはEDの大敵である「酸化ストレス」を減らす役割があります。

飲酒によって活性化した「アルコールデヒドロゲナーゼ」という酵素が活性酸素を分解し、酸化ストレスを減らしてくれます。

 

ですので、適度な量であればお酒はEDに対して、効果的なのです。

 

飲み過ぎた場合はどうなるのか?

 

適度な量のお酒を飲んだ場合はEDに効くのですが、

飲み過ぎた場合は状況が違ってきます。

 

飲み過ぎた場合は、大脳に対して抑制が働き、

性的な興奮まで抑えられてしまいます。

※大脳は性的興奮を感知します。

 

みなさんも、飲み過ぎた時に突起をしなかった経験が、

あるのではないのでしょうか?

 

お酒と薬を併用した場合はどうなるのか?

 

せっかくバイアグラなどの薬を飲んでも、

お酒を飲み過ぎると・・・

性的な興奮を感知する大脳が抑制されてしまいますので、

突起しないことがしばしばあります。

 

しかし、少量のお酒ならば、お酒の血管を広げる作用と、

薬の相乗効果で突起しやすくなります。

 

適度な量のお酒というのは、人によって違いますので、

自分自身で把握しておくのがいいでしょう。

コメントを残す