EDとは?

EDとは

 

EDとは?

「Erectile Dysfunction(エレクタイル・ディスファンクション)」

の頭文字を取ったものです。

 

”Erectile”は、「勃起性の」という日本語訳、

”Dysfunction”は、「(身体器官の)機能障害」という日本訳になります。

 

つまり、EDを日本語訳すると「勃起不全」という言葉になります。

 

ED(勃起不全)という言葉を聞くと、

全く勃起しないことを指すように思いますが、

そんなことはなく・・・

以下のような場合も、EDとして診断されます。

  • 突起するまでに時間がかかる
  • 突起の持続時間が短い
  • セックスの途中で萎えてしまう
  • 体調により突起しないこともある

 

[icon image=”point-b-r”]

要するに、勃起・セックス・射精が出来ても、

セックスの途中で萎えてしまったりと、

セックスが不完全燃焼で終わってしまうこともEDなのです。

 

以上のことを考えると、

ほとんどの方が、EDの症状に心当たりがあるのではないでしょうか?

 

それにもかかわらず、EDはそれほど解決方法が知れ渡っていません。

それはなぜか?

 

それは、EDが死に直結する病気ではないからです。

医療の世界では、死に直結するガンや生活習慣病などの治療が優先され、

EDの治療は隅に追いやられてきたのです。

 

確かに、命にかかわる病気の治療は大事ですが、

夫婦やカップルの関係を良くしたり、自分の自信を取り戻すために、

EDを克服することは、男性にとってはとても重要なことです。

 

にもかかわらず、EDはなかなか人に相談しにくいのが現状です。

そのため、EDに1回なったら一生治らないのか?

と不安を抱えている方も多いと思います。

しかし、EDは「不治の病」ではありません。

 

 

[icon image=”point-b-r”]

極端なことを言うと、「風邪」と同じようなものです。

ですから、EDとは一般的な病気と同様、

必ず治る病気なのです。

コメントを残す