EDとストレスの関係

ストレス

 

現代社会では、ストレスにされされることが多いです。

仕事・家庭・友人関係など・・・言ってしまえばキリがないほど、

ストレスを感じる場面があります。

 

ストレスを感じるとEDになる可能性が高まります。

では、ストレスの原因とは、なんでしょうか?

 

実は、ストレスと言っても原因は1つではなく、

種類もいくつかあります。

 

EDに関係のあるストレスは、

「生物学的ストレス」「社会的ストレス」の2つがあります。

 

なかなか聞き慣れない名前のストレスだと、

感じた人も多いのではないでしょうか。

 

以下に、この2つのストレスについて説明していきます。

 

EDに関係のあるストレス

 

「生物学的ストレス」・・・体内の活性酸素が増大することによる酸化ストレス。

 

酸化ストレス状態では、活性酸素が神経や血管を傷つけます。

その結果、NO(一酸化窒素)が減少し、EDとなる

参考:「酸化ストレス」がEDを引き起こす原因となっている。

 

 

 

「社会的ストレス」・・・交感神経を活性化させる外部からのストレス。

(人間関係、パソコン、ゲーム、仕事など)

 

交感神経が活性化すると、緊張状態が続く。

その結果、血管が収縮し、EDとなる。(勃起するためには、ペニスの血管が拡張する必要がある)

参考:「交感神経」と「副交感神経」の働きがEDに与える影響。

 

 

ストレスによるEDを治す方法

 

「生物学ストレス」によるEDを治す方法:適切な薬(ED治療薬)を服薬することにより体内のNOを増加させる。

 

「社会的ストレス」によるEDを治す方法:人間関係を改善したり、ストレスの原因となっていることをやめる。

 

 

コメントを残す