男性ホルモンとEDの関係とは?

男性ホルモン

 

男性ホルモンとは?

 

男性ホルモンは、男性らしい思考回路や筋肉をつくることに役立ちます。

 

また、男性ホルモンが分泌することで、性欲も高まります。

 

しかし、男性ホルモンは30歳にさしかかる頃から減少し始め、

60歳になる頃には若い頃の半分ぐらいになってしまいます。

 

男性ホルモンとEDの関係

 

男性ホルモンには、

  • 参加ストレスを抑える役割
  • 一酸化窒素(NO)を増大させる役割
  • サイクリックGMPを直接増やす役割

があります。

 

これらは、EDを改善するために必要な要素でもあります。

 

このことから分かるように・・・

男性ホルモンが多い人は、EDになる可能性が少ないです。

 

逆に男性ホルモンが不足している人は、EDになる可能性が高いです。

 

 

男性ホルモンが減少すると、どのような症状がでるのか?

 

男性ホルモンは、加齢ととともに減少していきます。

 

男性ホルモンが減少すると、

加齢性性腺機能低下症候群もしくはLOH症候群と呼ばれる、

一種の男性更年期障害の症状がでます。

 

症状の詳細は下記の通りです。

 

  • 倦怠感
  • 睡眠障害
  • 不安・いらいら
  • 性欲減退
  • 集中力・記憶力の低下
  • ED(突起不全)

 

不足している男性ホルモンを補えば、EDを改善するということに繋がります。

さらに、ED治療薬も同時に服用することでさらにEDを改善することができます。

 

 

 

男性ホルモンの量は測定できるのか?

 

男性ホルモンの量は、病院で測定することができます。

 

 

男性ホルモンを増やす方法は?

 

男性ホルモンを増やすためには、病院に行く必要があります。

医師と相談の上、適切な方法を選んでください。

 

代表的な方法を2つ紹介します。

 

①男性ホルモン補充療法

 

男性ホルモンを直接補充する方法です。

 

血液中のテストステロン値とPSA値が正常になるように、

男性ホルモンを注射します。

 

以前は、前立腺癌になる恐れがあると思われていましたが、

それは誤解であることが分かりました。

 

しかし、前立腺癌の治療途中の方は、

男性ホルモン補充療法をぜったいにしないでください。

前立腺癌が悪化してしまう可能性があるからです。

 

それと、男性ホルモンを直接補充した場合、

精子を作る機能が衰える可能性があります。

 

これから、子づくりをしようと考えている方は,

男性ホルモン補充療法を止めたほうがいいです。

 

 

② 性腺刺激ホルモンを筋肉注射する方法

 

性腺刺激ホルモンを筋肉注射すると、

睾丸が刺激され男性ホルモンが分泌されます。

 

この方法は、男性ホルモンを直接注射するのではなく、

間接的に男性ホルモンの分泌量を多くするのが特徴です。

 

これから、子づくりに励みたい方に向いている方法と言えます。

 

コメントを残す