EDと男性ホルモンの関係

男性ホルモン

男性ホルモンとは?

 

男性ホルモンは別名「テストステロン」と呼ばれ、

筋肉を増強したり精神活動を活発にする働きがあることが、

一般的に知られています。

 

また、NO(一酸化窒素)を供給して、

血管機能を正常に保つことや、酸化ストレスを抑える役割もあります。

 

 

男性ホルモンが減少するとどうなるか?

 

男性ホルモンが減少すると、以下のような症状がでます。

  • 不安
  • いらいら
  • 性欲減退
  • 集中力・記憶力の低下
  • 加齢性性腺機能低下症候群
  • LOH症候群(LOH: late-onset hypogonadism)

 

 

男性ホルモンとEDの関係

 

男性ホルモンが減ると、NO(一酸化窒素)の供給量が減るため、

EDとなる可能性が高まります。

 

勃起をするのには・・・。

ペニスの血管が拡張したところに、大量の血液が流れ込む必要があります。

実は、血管の拡張を助けるのが一酸化窒素(NO)なのです。

参考:勃起のメカニズム

 

つまり、体内の一酸化窒素(NO)の量が減ると、

ペニスの血管がうまく拡張できずに「ED」になってしまいます。

 

男性ホルモンは、酸化ストレスを抑える役割もあるため、

なおさらEDに効果的です。

参考:「酸化ストレス」がEDを引き起こす原因となっている。

 

EDを改善するためにも、体内の男性ホルモンの量を正常値に保つことが重要です。

 

 

男性ホルモン減少によるED改善方法は?

 

  • 男性ホルモンを投与する。
  • 食生活を改善する。

 

コメントを残す