「がん」とEDの関係

がん

 

「がん」とEDの関係

 

「がん」を患う原因は、DNAが破壊されることです。

このDNAを破壊するのが活性酸素と考えられています。

 

 

この活性酸素が体内に溜まことを酸化ストレスと言います。

 

以上のことから、体内が酸化ストレス状態になると、

「がん」になる可能性が高まると言えます。

 

「がん」を患っている方は、体内が酸化ストレス状態であるため、

EDである可能性が高いです。

 

逆に・・・

EDを治療すれば「がん」の予防をすることができます。

 

 

EDに影響を与える「がん」

 

前立腺がんになると・・・

頻尿、排尿困難、血尿、貧血、腰痛などの症状が出て、

EDになる可能性が高まります。

参考:頻尿とEDの関係とは?

 

前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの手術の場合、

突起をするために必要な神経が損傷してEDになってしまうことがあります。

コメントを残す