「血管年齢」とEDの関係

血管年齢

 

「血管年齢」とは?

 

「血管年齢」という言葉を聞いたことがある方も

いるのではないでしょうか?

 

 

「血管年齢」とは、ずばり血管の年齢のことを言います。

当然、実際の年齢とは違います。

 

血管が老化すると、血流が悪くなり、

酸素や栄養がからだ全身に送ることが難しくなり、

内蔵の機能や肉体が衰えてしまいます。

 

そして、実感として「老い」を感じるのです。

 

人間は、血管から年をとっていくとも言えます。

逆に、血管を若く保てれば、いつまでも若くいられるのです。

 

 

「血管年齢」により、どのようなことが分かるのか?

 

動脈硬化が、どのぐらい進んでいるのかを知ることができます。

 

動脈硬化が進むと、下記のような病気を患う可能性が高まります。

 

  • ED
  • うつ病
  • 生活習慣病
  • 記憶力の低下
  • 高血圧
  • 頻尿

 

 

「血管年齢」とEDの関係

 

一酸化窒素(NO)は、血管を拡張する役割があります。

 

ですから、体内の一酸化窒素(NO)の量を増やすことが、

「血管年齢」を若返らせることに繋がります。

 

「血管年齢」を若返らせることは、EDの治療にも繋がるのです。

 

 

「血管年齢」を若返らせるには?

 

①食生活

肉料理中心の食生活から、魚料理中心の食生活にシフトすると「血管年齢」は若返ります。

体に良いとされている乳製品や果物も、食べ過ぎると血管に悪影響を与えるので、

適度に取るように注意してください。

 

②運動

激しい運動(無酸素運動)をすると、血管が収縮してしまい、

「血管年齢」が上がってしまいます。(例:フットサルなどの激しいスポーツ)

 

有酸素運動は、血管を拡張してくれるので、

「血管年齢」は下がります。(例:水泳、ウォーキング)

 

コメントを残す